死神の葬儀屋
作者名: 水尺 燐
【出だし200文字】
「ハァ…ハァ…」  真夜中の暗闇。三日月が雲に隠れようとしているそんな時に印象の悪そうな一人の男が倉庫街で息を切らして肩を上げていた。  印象の悪い男の目線の先には別の男がぐったりと仰向けに倒れている。顔にはアザだけでなく出血が至るところにあり服装も乱れている。  息を切らした男が思いっきり殴り倒したからだ。  理由なんて何でもいい。とにかくイラついていた印象の悪い男は気分を晴らしたいが為に近くを//
キーワード R15 残酷な描写あり 死神 葬儀屋 不死者 幽霊系多数 バトルあり ダークファンタジー 感想希望 生霊 謎 技術・文化的ギャップ 宗教 悪魔 天使(天族) 
種別 連載〔全623部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,539,680文字
掲載日 2015年 03月 30日 20時 13分
最終投稿日 2017年 04月 24日 14時 00分
Nコード N2895CP
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
※諸事情により4月25、26日はお休みします。

死を司る神である死神が営む葬儀屋フネーラ。葬儀屋フネーラには葬儀を依頼する客だけではなくこの世から既に亡くなったはずの死者に絡んだ事件が持ち込まれる。これは死神と従業員の物語。
14時更新です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。