底辺
作者名: 富士江 三蔵
【出だし200文字】
灰色にくすんだ空がじっとりとした不快さを増幅させる。そんな梅雨終盤の蒸し暑い中、私はパチンコ屋の目の前に立っている。ついさっき駅前の喫茶店でモーニングを食べて残った所持金は僅かに150円。勿論(もちろん)それで勝負などできるはずもない。 高校を卒業して就職した澱粉工場だったが仕事も半人前以下のくせに不満ばかりを募らせ、給料の安さと変化のない毎日に辟易として過ごし、結局二年も続かずに退職した。その//
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 私小説 社会弱者 パチンコ ある意味で閲覧注意 時代背景90年代 性描写あり 
種別 連載完結済〔全26部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 104,313文字
掲載日 2017年 09月 13日 15時 53分
最終投稿日 2017年 09月 13日 21時 00分
Nコード N2946EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
主人公、森野吉朗はニートに近い、父親に寄生するような怠惰な日々を送っていた。しかし父親はいつまでもそれを許しはせず、半ば追い出されるように寮のある会社に就職することになった森野だったが底辺を這いずるような悲惨な生活はここから始まった。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。