ノブ、ちゃんと考えてよ
作者名: 奈備 光
【出だし200文字】
 ロープがぴんと張った。  男は一気に上昇し、二階の床の下端でがくんと止まった。  体が派手に揺れた。  血の気の失せた顔や胸元には無数の傷。  だらりとぶら下がった腕。  指先から赤い雫が滴り落ちた。  男の眼前には、暗いエントランスロビー。  むき出しのコンクリートが放つ独特な臭気。  色みのない白々とした小さな照明が、がらんとした空間を構成する灰色の壁や床面を照らしていた。  男はつかの//
キーワード ミステリー 推理 殺人 幼馴染 愛 建築 工事現場 地下 お仕事小説コン 墓場 神社 パーティ パーティー 裏金 同僚 
種別 連載完結済〔全61部分〕
ジャンル 推理〔文芸〕
文字数 226,469文字
掲載日 2011年 06月 23日 23時 53分
最終投稿日 2011年 12月 04日 23時 06分
Nコード N3107U
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
(じわじわっとしたミステリーです。どんどん展開していくミステリーが好きな方には物足りないと思います。あまりに悲しい結末です。それに建築現場のちょっと狭い世界。初めてノブシリーズを読まれら方にはお勧めできないかも。初めてノブシリーズをご覧頂く方は、「ノブ、ずるいやん」か「ニューキーツ」を。でも作者の住む実社会を最もよく反映している作品ではあります。次の作品「ニューキーツ」に繋がっていく部分もあります)
---------------
建築家生駒が携わるマンション新築工事現場で、ゼネコン職員の転落事故が起きる。幼馴染で、同じこの町の出身者である現場所長から聞かされた言葉が気になって生駒は……。
---------------
「ノブシリーズ=生駒&優 長編ミステリー小説シリーズ4」
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。