理想の王子様
作者名: 菜摘キロ
【出だし200文字】
 フリルとレースがたくさんついたレモン色のドレス。栗色の髪をくるくる巻いて、同色の大きな瞳とピンクの唇を引き立たせるように軽く化粧をされる。精一杯のおめかしをして、6歳のある日、私は王宮に呼ばれた。これが、後に婚約者となる第2王子と初めて会う日だった。  第2王子のウィリアム・クラウディアは庶子の生まれだった。母の身分は平民であり、王が静養地へ行った際に出来心で手をつけた娘だった。やがて娘は懐妊//
キーワード 王子 ヤンデレ? 女主人公 婚約 
種別 短編
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 3,123文字
掲載日 2017年 05月 31日 21時 52分
Nコード N3123EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
公爵令嬢シェリル・コレットは物語に出てくるような理想の王子さまに憧れていた。そんなある日、不遇を強いられる庶子の第2王子の婚約者となる。人間不信で怯える“王子さま”は成長し……? ちょっと思っていた王子さまとは違うけど、彼は素敵な王子さまになりました。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。