魔女裁判と軍師の盟約
作者名: 志水了
【出だし200文字】
 どこまでも広がる青い空。その向こうから灰色の雲が空を覆い始めている。  それを馬の上から眺めていたベルンハルト・ブランシュの近くに、下士官が駆け寄ってきた。 「対象一帯、確認できました」 「どうだ?」 「はい。話通り、集会を開いているようです」 「そうか」  ベルンハルトは下士官の言葉にひとつ頷くと、勢いをつけて馬から飛び降りた。兵士のひとりに馬を預けようとすると、兵士が慌てふためいた様子で手綱//
キーワード シリアス 異世界 軍隊 魔法使い/魔女 
種別 連載完結済〔全21部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 99,255文字
掲載日 2014年 04月 12日 00時 30分
最終投稿日 2017年 10月 19日 19時 29分
Nコード N3165CB
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「もし、私を助けてくれるなら、あなたを英雄にしてあげる」

 王族からの命令によって、長い間廃れていた魔女狩りを遂行したベルンハルト・ブランシュ少佐とヴォルフ・ディールス大尉。そこで二人の魔女を捕える。
 魔女裁判が行われることとなり、任務全体をとりしきるカロッサ大佐に引き渡した際、魔女の護衛という極秘任務を引き受けることとなったが……。

自サイトにも掲載予定です。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。