認証システム
作者名: 畢竟 吾煌
【出だし200文字】
 ピッピッピーー  エラーになった。  これで3つ目だ。角膜認証、網膜認証、そして顔認証だ。  いくらなんでもそれはないでしょう?  角膜、網膜は俺が糸目だからとエラーしやがった。  顔も写真とかで間違えないように目を開けてそれが動いていることを確認しているそうだ。  だが俺の目を確認してくれない。しかも3度確認し、すべてダメ。  酷すぎる。  仕方なく、静脈認証で通ることが出来た。指の静脈を//
キーワード ダーク 認証システム セキュリティー 
種別 短編
ジャンル その他〔その他〕
文字数 544文字
掲載日 2017年 09月 13日 23時 49分
Nコード N3218EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
認証システム。セキュリティーは万全ですか?
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。