境界線
作者名: 月影
【出だし200文字】
「何してるの?」 俺が問うと、彼女は表情を変えずに答えた。 「水に浮かんでいるのだ。」 「・・・それ、楽しい?」 「いいや、全く。」 「・・・そう。」 制服のまま学校近くの川に浮かんでいるクラスメイトをぼんやりと見つめてみる。 彼女の名は太田 普。 頭は良いが言ってることもやってることも理解不能の変人で有名である。 時々彼女の奇行に興味を持った俺が話しかけるくらいで、他の奴らは彼女に近づこ//
キーワード スクールラブ 青春 日常 現代 
種別 短編
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 1,234文字
掲載日 2017年 09月 14日 00時 10分
Nコード N3236EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
変人な女の子と平凡な男の子の、よくある(?)会話。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。