愛のモノリス
作者名: 稲葉孝太郎
【出だし200文字】
主な登場人物 ◇|一色《いっしき》|神楽《かぐら》  |無縁坂《むえんざか》高校2年生。他人の記憶に介入する能力を持つ。  その力を使って|憧夢《どうむ》という思い出屋を営んでいる。 ◇|逆木《さかき》|泰人《ひろと》  |菅ノ宮《すがのみや》高校1年生。神楽と同じ能力を持つ少年。  学校こそ違うが、|憧夢《どうむ》で神楽の助手を務める。 ◇|月代《つきしろ》かぐや  謎の美少女。月から来た記憶//
キーワード サスペンス 恋愛 現代(モダン) 高校生 超能力 少年 少女 群像劇 家族 成長 記憶喪失 陰謀 巻き込まれ 切ない お仕事小説コン 
種別 連載完結済〔全17部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 99,874文字
掲載日 2013年 05月 15日 00時 41分
最終投稿日 2013年 08月 10日 00時 11分
Nコード N3304BQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
他人の記憶をトレースし、大切な思い出の守護を生業とする超能力女子高生、一色神楽。その神楽の下に、一人の少女が訪れた。かつて月の民だった記憶があると言う少女に、神楽は当初不信の目を向けてしまう。しかし、彼女が追われていることを同僚の逆木泰人から知らされ、協力することを決意。少女の思い出を狙う忘れ屋と、神楽たちの勝負が始まる。果たして、少女の正体は誰なのか?
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。