今年の花見は生憎の雨でせっかく場所取りをしたけれど結局中止になった話
作者名: 日下部良介
【出だし200文字】
 桜の開花予想が出た。東京は3月21日。満開は4月2日の予想だった。 「花見は31日にやるぞ」  部長の一声で決まった。それを受けて僕は花見の段取りを始めた。例年、花見の幹事は僕がやっている。場所取りからセッティングまで。我が社の花見は上野恩賜公園と決まっている。都内でも最も場所取りが困難な激戦区だ。それでも長年やっている僕は穴場を知っている。  東京で開花が宣言されたのは3月21日。予想通りの//
キーワード 花見 桜 場所取り 上野恩賜公園 
種別 短編
ジャンル その他〔その他〕
文字数 3,163文字
掲載日 2017年 04月 05日 12時 31分
Nコード N3311DX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
3月21日、東京で桜の開花宣言が出された。それを受けて今年の花見は3月31日に決まったのだけれど…。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。