賽ノ地黄泉抄(裏コラボ侍)
作者名: 猫乃 鈴
【出だし200文字】
 ふわりと鼻をくすぐるのは、お日様の匂い。  俺の頭を撫でるのは、力強くて優しい手。その手がするりと背中を伝い、くすぐったくてつい笑う。  俺を撫でるその人が、つられたように微笑むのが分かった。  その顔が見たくて俺は顔を上げるけど、なぜか靄(もや)が掛かったように、その人の顔を見ることはできない。  だけど俺は、それが綺麗な女の人だということを、どういうわけか知っている。 「耶八(やはち)」  //
キーワード コラボ侍 
種別 連載〔全15部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 69,149文字
掲載日 2011年 01月 22日 22時 11分
最終投稿日 2016年 01月 15日 23時 48分
Nコード N3379Q
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
人間と羅刹が混在する場所、賽ノ地(さいのち)。羅刹狩りの盛んだったその地で突如、盗賊狩りが始まった。早村友裕さん著:【賽ノ地青嵐抄 】のもう一つの形。【賽ノ地黄泉抄(さいのちこうせんしょう)】 ※ 必ず本家【賽ノ地青嵐抄】を読んだ後にご覧ください;  ■早村さん著【コラボ侍】はこちら→http://ncode.syosetu.com/n0713q/ ■これは、みてみんのお遊びから始まった世界をなんとなく文章化してみようという試みです。気になる方はこちら→http://19.mitemin.net/userpageblog/view/blogkey/1899/
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。