ERASER DROPPER 秀輝
作者名: 斑縁晩薇
【出だし200文字】
 新入生の秀輝は全身が震えていた。  これは一か八かであり、千載一遇の好機である。  三年生の西山甲が、取り巻きを一人も従えずにただ一人で歩いているのだ。  今、声を掛けないでいつ声をかける。 「あの、すいません」  秀輝は腹に力を込めて吠えるように言った。 「何だね」  西山は振り返る。  日本とアメリカのハーフであり、噂によると母親はアメリカのスーパーモデル、父親はメディアクリエイターであ//
キーワード スクールラブ 古典恋愛 日常 青春 消しゴム落とし 巨人の星 がんばれ元気 アストロ球団 空手バカ一代 あした天気になぁれ プロゴルファー猿 熱血 スポ根 グラップラー刃牙 はじめの一歩 
種別 連載〔全16部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 17,774文字
掲載日 2017年 11月 28日 12時 10分
最終投稿日 2017年 12月 11日 18時 07分
Nコード N3643EK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 ERASER DROPPER。
 消しゴム落とし。

 それは、熱き戦い。
 男と男、あるいは男と女、あるいは女と女との魂の交流所。
 
 でも、忘れちゃいけえねえぜ!

 俺たちみんな……(ふっ)ERASER DROPPERなのさ……!
 そういうわけで、新連載、ヨロピコ!

【登場人物の紹介】

 西山甲 三年生。消しゴム落としのチャンピォン。金髪で、完ぺきな男。
 真宮寺秀輝 一年生。この小説の主人公。青雲の志を持つ革命児。
 五十嵐健吾 一年生。生徒会の役員。がり勉で、ガリクソン健吾といわれている。
 古樫光一郎 二年生。放送部のアナウンサー。
 岸すすむ 用務員。消しゴム落とし界のレジェンドと呼ばれている。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。