宗歩好み!~最強美少女棋士 天野宗歩ができるまで~ 
作者名: 藤之森ちょろり
【出だし200文字】
<i257620|22308> <i260837|22308> <i260859|22308> <i260855|22308> <i260857|22308> <i260843|22308> <i278534|22308> <i279268|22308> (あらすじ) 盤上の格闘技//
キーワード R15 日常 青春 時代小説 異能力バトル 将棋 恋愛 TS 幕末 女主人公 ネット小説大賞六感想 女体化 群像劇 江戸 棋士 美少女 
種別 連載〔全113部分〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 467,129文字
掲載日 2017年 07月 07日 22時 43分
最終投稿日 2018年 02月 16日 19時 39分
Nコード N3688EC
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
後の世に将棋を繋ぐため、天才美少女棋士 天野宗歩とその仲間たちが大奮闘!
将棋が初めての方でも楽しんでいただける小説です。

徳川幕府の繁栄にも少しずつ陰りが見え始めてきた天保の時代。
二百年「名人」を独占していた将棋家は、強さを求めるのではなく自らの地位を守ることに執着するようになっていた…

そんな時代に死後「棋聖」とまで称えられた天才棋士、天野宗歩が生まれる。

棋士として自ら悩み続けた彼女が出した答えは、
「将棋指しがやらなければいけないことは、この暗く厳しい時代だからこそ将棋の楽しさを伝えること」

次世代へと将棋を繋ぐために宗歩や仲間たちが西や東でライバル(天狗含む。)たちと熱いバトルやあんなことやそんなこと…。この時代に宗歩が生まれたのは偶然かそれとも必然か。

才能、家柄、性別に翻弄され苦悩しながらも、激動の時代を強く生き抜いた人々を描く、お江戸×将棋×人情物語 開幕!(ポロリもあるよ!)
※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは関係ありません。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。