手紙
作者名: Pー龍
【出だし200文字】
「いってらっしゃい。車に気をつけるんだよ。」  玄関前でおじさんに声を掛けられて、私は学校へ行く。  ある春の朝、なにげない時間。ごくごく普通の月曜日。天気は晴れ。  制服姿の私はガレージから自転車を引っ張り出し、それに乗って学校へ行くのだ。  引っ張り出した自転車はいわゆるママチャリ。5年前、ホームセンターで買ってきたママの自転車。ママはこれに乗ってよく買い物に行ってたみたい。  学校まで私の//
キーワード 青春 ツタヤリンダ大賞B1 
種別 連載完結済〔全53部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 55,173文字
掲載日 2017年 02月 26日 20時 09分
最終投稿日 2017年 03月 15日 19時 33分
Nコード N3706DV
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
主な登場人物
かつて不登校だった少女。好きだった女性を亡くした男。

ネタバレになるのでこれで許してください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。