DAGGER 戦場の最前点
作者名: BLACKGAMER
【出だし200文字】
【ティスト視点】 「よし、買出し終了」 コーヒー豆も買い足したし、これで全部そろった。 買い忘れると半日を潰してここまで来るか、我慢するかの二択になるからな。 念のため、買い物袋の中身を確認しながら、のんびりと歩く。 「おっと」 「あ、すみません」 お喋りに熱中していた女とぶつかりかけ、慌てて避ける。 夕暮れの喧騒と行き交う人の多さには、いつも居心地の悪さを感じてしまう。 人の波を避けるように、//
キーワード 残酷な描写あり ファンタジー シリアス 最強 魔法 恋愛 家族 魔術 主人公最強 姫 ツンデレ 剣と魔法 義妹 戦闘 妹 ハッピーエンド 
種別 連載完結済〔全129部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 633,069文字
掲載日 2014年 11月 08日 14時 16分
最終投稿日 2015年 08月 16日 07時 00分
Nコード N3788CJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「あなたが、私の飼い主ですか?」

何気なく足を踏み入れた路地裏で、青年は、奴隷として売り出される少女と出会う。
虚ろな目で地面に座り込む少女を見過ごすことが出来ず、青年は、少女へと手を差し伸べた。

少女に己の悲惨な過去を投影した青年は、少女に生きる術を教えることを決意し、
何一つ持たない少女は、戸惑いながらも師弟関係を受け入れた。

「どうして、そこまで、してくれるんですか?」
「一人で住むには、この家は大きすぎるからな」

心を閉ざした少女と孤独な青年が織りなす、不器用な共同生活。
それは、過酷な環境にいた少女にとって、驚くほどに穏やかなものだった。
青年の優しさに触れる度に凍てついた心が溶かされることを
少女は、次第に意識するようになっていく。

最強であるが故に人から外れた青年と、最弱であるが故に人から外れた少女。
相反する孤独な点は手を取り合い、やがて、それは線となる。
----------------
主人公とヒロインの二視点で描いたファンタジーノベルゲーム
DAGGER -戦場の最前点-のシナリオです。

楽しかったと思われた方、音楽、イラスト付きでプレイしたい方は、
同人ゲームが発売中ですので、あわせてお楽しみください。
【ブログ】http://www.black-gamer.com/
【PC版】http://maniax.dlsite.com/dlaf/=/link/profile/aid/blog_RG06083/maker/RG06083.html
【Android版】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.bgdagger01.onscripter&hl=ja

ブックマーク、評価、感想など、本当にありがとうございます。
楽しんで頂けたというのを励みに、新作頑張ります。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。