パラレル!
作者名: 入羽瑞己
【出だし200文字】
プロローグ  拳に宿るは破壊の力。無限の魔力とそれに見合わぬ器。人を神へと惑わす|淀《よどみ》。そして、世界は交錯を繰り返す――。  ――★★★――  パラレルワールド。平行世界。  それは自分の生きている世界とよく似た、全く同じようで全く異なった世界。己の存在の意味や常識という概念の姿、それらが少しずつ変わってしまっている。しかしながら、決して全く別のモノというわけでもない。  ともすれば、//
キーワード 残酷な描写あり 青春 異能力バトル ヒーロー 魔王 勇者 パラレルワールド 群像劇 悪の組織 神 魔法 
種別 連載完結済〔全46部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 194,095文字
掲載日 2017年 06月 02日 02時 53分
最終投稿日 2017年 07月 18日 23時 00分
Nコード N3802EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 平行世界を飛び回り、あらゆる世界で神としての地位を築いていく「ケイテン」。異世界「ランドウィル」に転生した高校生伊佐見ユウは、伝説の勇者として魔王を倒し世界を救ったかに思えたが、ケイテンの毒牙に飲み込まれてしまう。
 その前後、ある世界ではケイテンを追う少女が自身の無力さに項垂れ、ケイテンを抹殺するべく異界への渡航を決意する。またある世界では幼き魔王が人間界侵攻を企て、決して勝機のなかった異界への門を開いてしまう。
 異界「バースト」。あらゆる世界を引き寄せ、統合してしまう特性を持つその世界は、既に破壊神、悪の組織などの概念などを取り込んでいた。そんな中、破壊神に戦いを挑む勇者や、侵攻してきた魔族軍を迎え撃つ悪の組織などがいる光景は日常であり、いつものことで済まされるはずだった。
 しかし、ケイテンの魔の手がバーストにまで伸びたことで事情は変わる。紅い眼の使徒が世界の転覆を図ったその時、異世界の民が集う蓮皇高校2―B教室――通称『異界』に属する住人たちは動く。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。