バニラシェイクとカフェオレと
作者名: 秋保千代子
【出だし200文字】
 翔太(しょうた)は、生まれてすぐに入れられた保育園の時から同じクラスで、小学校も中学校も同じで、さらには地元の県立高校に進んだのも同じだっただから、他人というよりも兄妹みたいなものだ。 むしろ、昼間の多くの時間――授業中とか放課後とか――を一緒に過ごしていたから、実の兄妹より感覚が近いかもしれない。  だから私は、『今、ここにしかない』思いを翔太に話すことが多かった。  今だって。 「翔太は、//
キーワード 青春 ラブコメ ほのぼの 女主人公 ハッピーエンド 高校生 
種別 短編
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 6,718文字
掲載日 2015年 01月 20日 21時 30分
Nコード N3854CM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
大学受験に失敗し、浪人することにした夢唯(めい)。一方で進学を決めた翔太(しょうた)は生まれ育った街を出ていくことに決めていた。そんな幼馴染たちの恋愛未満なおはなし。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。