なにもかえない
作者名: 緑乃帝國
【出だし200文字】
 人の気配のまったくない商店街跡を、馬列木(うまれつき)ドキュンはのそりと歩いていた。  ガードに吹き込んで強さを増した風が、遮るものなくドキュンにぶち当たり、ジャージをはためかせる。ジャージの上には龍と虎が刺繍されたスカジャンを羽織っている。ジャージもスカジャンも長く着古されたものであるのか、どこか薄汚れたような印象があった。  何かを探しているかのように、ドキュンは顔を右へ左へ向けながらゆっく//
キーワード 近未来 yourSF 社会学フィクション 文化人類学 生物学 すごいFカップ すてきなFカップ 素晴らしきFカップ 少年少女ふたりきり SF 
種別 連載完結済〔全5部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 19,347文字
掲載日 2014年 07月 28日 23時 38分
最終投稿日 2014年 08月 06日 00時 00分
Nコード N3871CF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
中小店舗や個人商店が駆逐され、大型店舗とチェーン店だけが存在するようになった社会。だが変化はそれだけにとどまらず、次は拡大するオンライン商店が実在店舗を駆逐しはじめていた。一極化の進んだ世界を描く、社会学フィクション。あなたのSFコンテスト(http://yoursf.tiyogami.com/index.html)出品作品。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。