ガールズカルテット
作者名: 双色
【出だし200文字】
 プロローグ/GirlsQuartetto  日常に紡がれた多重奏(アンサンブル)。  誰かが奏でるその音色を聞けば。  日常は終焉し、非日常が邂逅す。  新たな物語の開演に、共に祝詞を謳う。  奏でられるは四つの旋律。  奏でられるは四つの想い。  誰かが誰かに歌った旋律。  誰かが誰かに謳った想い。    或いは孤独を謳い心を歌った。  或いは罪を背負い夢想を彷徨った。  或いは禁忌//
キーワード 非日常 歌姫 後輩 妹 絶望 学校/学園 シリアス ダーク コメディ ライト 恋愛 ファンタジー 少女 高校生 現代(モダン) 
種別 連載完結済〔全40部〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 242,763文字
掲載日 2008年 10月 31日 17時 48分
最終投稿日 2009年 08月 14日 20時 39分
Nコード N3943F
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
日常という不確かな境界。信じて疑わぬ平穏を彷徨う四人の少女。――淋しき心を謳う孤独の歌姫。夢想に未来を予見する儚き少女。兄に焦がれる禁忌の恋慕を抱えた報われぬ妹。閉ざされた世界の中で永遠を求める哀しき絶望。物語の幕が上がれば、愉快、爽快、痛快、後悔。孤独、罪、禁忌、絶望の奏でる四重奏。少女は歌う。秘めたる想いの旋律を。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。