ポンコツ勇者と聖母騎士団
作者名: 三島千廣
【出だし200文字】
「見つけた」  シュポンハイム修道院長ミルフィーユ・エマールは供である修道女ドラフシェを従えながら涼やかな声で喉を小さく鳴らした。  場所はかつて鉱山で賑わった南方の街シルバランドバレーの安酒場だ。  ミルフィーユは二十二歳。かつて神託の巫女として世の人の尊崇を集め、輿望によって聖女と教会から認定された若き修道院長である。  名もなき酒場は、かつて鉱山で汗を流した荒っぽい鉱夫たちがたむろ//
キーワード R15 残酷な描写あり ラブコメ シスター 聖母騎士団 ハーレム 聖母候補 元勇者 エルフ ロリ修道女 
種別 連載〔全75部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 390,930文字
掲載日 2016年 10月 25日 19時 43分
最終投稿日 2017年 09月 06日 21時 00分
Nコード N3954DP
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
隠遁生活を送っていた元勇者が身分を偽って、産む機械として集められた修道院のシスターさんたちを更生させます。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。