VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~
作者名: 二階堂風都
【出だし200文字】
「だああ、死ぬ死ぬ! ハインド、回復を!」 「残念だが、アイテムも魔法もWT(ウェイトタイム)だ。自力で何とかしてくれ」 「えっ!? あっ! 剣が壊れ――」 「あ……死んだ」  ユーミルの体力がゼロになる。  俺はそれを見届けると、そそくさとゴブリン型のモンスターから距離を取った。  行動範囲内に攻撃対象が居なくなり、その場からモンスターが離れて行く。  だから耐久力無限の初心者用を使えって言//
キーワード R15 残酷な描写あり VRMMO 回復職 支援職 ゾンビアタック トッププレイヤー 主夫? 家事万能 料理 裁縫 幼馴染 ハーレム ネット小説大賞五 
種別 連載〔全237部分〕
ジャンル VRゲーム〔SF〕
文字数 853,256文字
掲載日 2016年 12月 30日 23時 36分
最終投稿日 2017年 08月 23日 23時 35分
Nコード N4014DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 行動派な幼馴染、未祐(みゆ)に引き摺られる様にして始めたVRMMO「トレイルブレイザー」通称TB。 
 しかし誘われた亘(わたる)は、やる気満々の未祐に向かってこう言い放つ。 
「じゃ、俺は後衛やるから。神官? これな」
「何だと!? 私と肩を並べて戦ってくれないのか!? それでも男か!」
 暫くしてトッププレイヤーの一人となり、勇者と呼ばれるようになった未祐。
 そしてそのおまけ程度に扱われていた亘。
 だが、とあるPvP(対人戦)イベントを境に亘は妙なあだ名を付けられる事になる。
 曰く、奴こそが「勇者ちゃんの本体」であると。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。