推理小説
作者名: タマヒメ
【出だし200文字】
「君たちは、ノックスの十戒を知っているかね?」 背中にナイフを突き立てられてうつ伏せになっている《代議士》の死体をひとしきり観察した後、満足そうに顔を上げた《名探偵》が口を開いた。 「これは推理小説なのだ。確実に犯人につながる手がかりがある、あったはずだ。とは言っても、もし手がかりがまだ足りないというのなら、君たちの誰かにまた死んでもらわねばならないのだがね」 ぞっとしないことを言う《名探偵》もい//
キーワード ミステリー 探偵小説 
種別 連載〔全2部〕
ジャンル 推理〔文芸〕
文字数 1,786文字
掲載日 2017年 02月 07日 23時 50分
最終投稿日 2017年 02月 10日 16時 50分
Nコード N4051DU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「君たちは、ノックスの十戒を知っているかね?」
《名探偵》を名乗る人物がそんなことを言い出した。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。