あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り328回です。
作者名: うわの空
【出だし200文字】
【あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り3647回です】  十歳の誕生日、視界の下にそんなメッセージが見えるようになった。目を瞑(つむ)ってもこすっても、その文字は消えない。 「かずき、お誕生日おめでとう。今日はかずきの好きな生姜焼きにしたからね」  母が笑顔で、作りたての料理を食卓に並べる。豚の生姜焼きとこふき芋、だし巻き卵の入ったおにぎり。  僕はなんの気なしに、いつも通り料理に箸をの//
キーワード シリアス 男主人公 現代 不思議系 文フリ短編小説賞2 
種別 短編
ジャンル その他〔その他〕
文字数 4,597文字
掲載日 2017年 06月 02日 20時 28分
Nコード N4062EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
【あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り3647回です】

 十歳の誕生日、視界の下にそんなメッセージが見えるようになった。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。