エルム、エルム
作者名: 十枝内 清波
【出だし200文字】
 鏡の中に、一人の少女が映っている。  柔らかな髪、うるんだ瞳。桜色の唇、真珠の肌。――綺麗だった。それも、ものすごく。 「これ……私?」  思わず呟いて、私は自分の顔に手で触れる。すると当然、鏡の中の少女も全く同じ仕草をした。 「ああ。もちろん」  と、奴が答える。 「我ながら傑作だ。今のお前は絶世の美少女だぜ」  そう言って、奴は得意げに笑った。 「……凄い……」  顔だけでなく、私は自分の体//
キーワード 日常 学園 悪魔 美少年 ファンタジー ほのぼの 女主人公 スイーツテロ 
種別 連載〔全340部〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,002,417文字
掲載日 2013年 05月 17日 21時 45分
最終投稿日 2017年 06月 04日 14時 00分
Nコード N4091BQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 体重、百五十キロ。いじめられっ子の女の子が、悪魔と契約して絶世の美少女に変身します。美貌だけでなく、頭脳も身体能力も各種才能も手に入れ、『最高の高校生活を送る』――はずが、性格は脇役系のまま。憧れの進学校で、なぜか学園一の美少年の秘密を握ってしまい、予想外の日常が始まります。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。