ケモノノコエ~ナナとロクとハチの物語~
作者名:
【出だし200文字】
 私こと、鐡ナナは100歳の寿命を全うして終わりを迎えたわ。  生き抜いたわね。  思い出すことも、悔いも何もないはずなのに……。  5才くらいのフランス人形が目の前に現われて、耳を疑うような事を言ったのよ。 「おめでとうございま〜す。  貴女は100歳の寿命を全うしたばかりか、1000の苦行と1000の徳行を冠水した事を祝して!  特典付きで異世界に転生いたしま〜す。パチパチ!  あ!でも貴女//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生 異世界 勇者 魔獣 魔法 魔術 能力 ファンタジー 学園 
種別 連載〔全100部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 572,618文字
掲載日 2016年 01月 08日 12時 55分
最終投稿日 2017年 12月 08日 10時 36分
Nコード N4227DB
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
私こと鐵ナナは、100歳の天寿を全うして死んだはず……なのに別の世界に転生してしまった。
異世界人として生きることとなったナナには、獣の声を聞く能力がある。
黒猫のロクと白い犬のハチと5匹のネズミ達。
彼等と一緒に生きていく物語。
魔族と人族が覇権を争う中、なんの魔力も無い私に何が出来るの?
もちろん獣の声を聞く事。
私の耳と前の世界での生き様で、この世界でも生き抜いて魅せるわ!
私はルジーゼ・ロタ・ナナですもの!
そんな彼女の生きる道に、巻き込まれる大人達。
そして明かされる真実。
その先にあるのは、暗闇か、明るい未来か……あなたの目で確かめて下さい。

誤字脱字が多いことと思いますが、優しい気持ちで読んでくれるとありがたいです。
もう一つ作品を書いているので交互に更新出来るように頑張ります。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。