あの変態はなぜパンツを求めるのか?
作者名: すなぎも
【出だし200文字】
 俺たちはなぜ女の子のパンツに興味を抱くのだろう。  それは有史以前から疑問視されて今だに解決されない難題だ。  エロスという名の妄執に囚われた数多の哲学者たちが競ってこの難題の究明に尽力したが、どれも失敗に終わっている。  それでも、ある者は言う。「女人のパンツはイデアの体現であり、我々の想像の根源とは、つまるところパンツにある」、と。  また、ある者は語る。「花園へと至る過程の城壁を越えられ//
キーワード R15 残酷な描写あり アニメ マンガ パロディ コメディ 異能 超能力 バトル? 青春 高校生 異世界? 下ネタ えっちぃ 初投稿 
種別 連載〔全14部〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 22,194文字
掲載日 2014年 01月 26日 03時 03分
最終投稿日 2014年 02月 08日 21時 58分
Nコード N4334BY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
この世界は現実とは違う。なぜなら常識では捉えきれないことが勃発しているからだ。

「変態」――――――――――常軌を逸した性癖をもつ者たち。
その者たちは人智を超えた力を手にし、常人とはかけ離れた能力を有する。

鷺森高校に通うこの物語の主人公、米倉(よねくら)もまた「写真に映る女の子のパンツにしか欲情できない」という「変態」の内の一人であった。

しかし「変態」は彼だけではない。米倉の所属する写真愛好部の部長、後輩でありレズビアンである山田もまた「変態」であった。そして彼(女)らは手を取り合い、協力することを誓う。

「女の子たちの、えっちぃ写真を撮ろう!」――――――――――と。

モラルもへったくれもない彼(女)らが向かう先はどこか? 天国か、それとも地獄か。待ってる先がなんにせよ、写真愛好部の暴走は止まらない。

下品で不埒、そして波瀾万丈、奇想天外な物語。そんな彼(女)らの活躍を、どうかご覧になっておくんなせい。

(中の人がたいへんなアニメとマンガ好きなので、アニメやマンガで出てきた台詞のパロディにあふれています(節度は守ってるつもりですが……)。元ネタには敬意を払っています。ご容赦ください。)

(あと一応報告しておきますが、自分のブログにもこの小説をのせています。
パナマウンガ→http://tunachaofan.blog.fc2.com/)
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。