幸福の噂と易しいホラーハウス
作者名: あおいれきね
【出だし200文字】
午前一時に玄関のチャイムが鳴った。 「トリックオアトリート?」  仕方がないので出てみれば、へらへら顔の友人、貴代が居た。 「かぼちゃ祭りの季節じゃあないと思うんだけど」 「そのみのひらひらした部屋着の方が、よっぽど仮装っぽいね」  とりあえず、家の中に招き入れてぶどうジュースを振る舞う。 「ありがたいね、一宿の恩義はいつか返すよ」 「いつの間に泊まることになったの」 「大丈夫、その辺で適当に寝る//
キーワード yourSF 現代(モダン) 自宅 人形 
種別 連載完結済〔全8部分〕
ジャンル ホラー〔文芸〕
文字数 10,032文字
掲載日 2014年 08月 23日 04時 48分
最終投稿日 2014年 08月 23日 21時 31分
Nコード N4395CG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
一人暮らしのそのみの家に深夜旧友の貴代が泊めてほしいと訪ねてきた。金欠で友人宅へ上がり込むことで有名な貴代には、もう一つ噂が立っている。

ゆるい似非ホラーコメディ。主人公がびくびくしながら自宅に引き籠るおはなしです。

あなたのSFコンテスト 出品作
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。