ワルフラーン ~廃れし神話
作者名: 氷雨 ユータ
【出だし200文字】
 魔人との全面戦争に、人類が勝利してから、約十年。魔人の領地は、戦争前の百分の一以下にまで落ちた。もう、誰も人間に歯向かおうとしなくなった。人間も、勝利した事で慢心したのか、絶滅寸前の魔人に手を出すような事はしなくなった。自分達は頂点捕食者たり得ているため、根絶する必要はないと考えたのだろう。  本来なら人間に勝てる道理はないのだ。筋力も魔力量も、何を比べるにしても、魔人の方が上なのだから。しかし//
キーワード R15 残酷な描写あり 主人公最強 主人公勢最強 ハイファンタジー 少しダーク 残酷 異世界 ダークヒーロー チート 大人 敵が弱い訳ではない シリアス 戦い ネット小説大賞六感想 
種別 連載〔全297部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,142,715文字
掲載日 2015年 12月 18日 02時 20分
最終投稿日 2018年 01月 23日 22時 30分
Nコード N4420DA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
かつて地上最強と呼ばれた男、アルドは、国に裏切られた事で人を信じられなくなり、国を出てってしまう。あてもなく彷徨う男が出会ったのは、かつて森で助けた魔人。再会を喜ぶより先に、彼女は言った。
「魔王になって頂けませんか」
 再び対峙する事になる魔人と人間。次に勝つのは、どちらなのか。
 これは、人の愚かさが招いた物語である。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。