剣姫
作者名: 桐生 慎
【出だし200文字】
「腕のギプスが取れたら連絡しろ」  それが剣道部顧問・鳴神あさぎ先生の命令だった。  何の迷いもなく僕は先生の携帯に連絡を入れた。 「おう。神崎! ギプスが取れたか?」  鳴神先生は明るい声で電話に出た。同世代の女の子のようなハイテンションな声に、僕は少し驚いた。そりゃ、鳴神先生は響子姉と同世代の若い女性だ。だから、そんな声を出しても当たり前なのだが、道場での厳しい張りつめた声と裂帛の気合いしか知//
キーワード ハードボイルド 真剣 美女 果たし合い 剣道 
種別 短編
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 4,862文字
掲載日 2015年 06月 13日 09時 39分
Nコード N4693CS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
神崎浩平は剣道部顧問・鳴神あさぎから呼び出しを受ける。その内容は真剣による立ち会いだった。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。