俺の異世界姉妹が自重しない!
作者名: 緋色の雨
【出だし200文字】
 とある病院の最上階にある一人部屋。ベッドサイドモニターや点滴を初めとした医療機器に囲まれたベッドに、儚げな少女が横たわっている。  彼女の名は雨宮(あまみや) 紗弥(さや)。  もし学校に通っていれば、来年で高校生になるはずの女の子だ。 「……裕弥(ゆうや)兄さん。今まで側にいてくれて、ありがとうね」 「こ~ら、そんな風に終わったみたいに言うなよ、縁起でもない」  ベッドサイドの椅子に座る俺は//
キーワード 異世界転生 ラブコメ 禁断のハーレム 内政チート 奴隷 ヤンデレ少々 ヒロインがチート 学校経営 領地経営 
種別 連載〔全207部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 948,285文字
掲載日 2016年 02月 19日 19時 03分
最終投稿日 2017年 09月 20日 12時 00分
Nコード N4696DD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「私の分まで自由に生きて、幸せになってね」
 裕弥にとって唯一の家族だった妹が最期に残した言葉だ。
 だけど妹と同じ病を患っていた裕弥は、妹との約束を果たすことなく短い人生に幕を下ろした――はずだったが、異世界に赤ん坊として転生した。
 そのことに混乱しつつも、裕弥は一つの決意を抱く。それは、前世では果たせなかった妹との約束を果たすというもの。裕弥は幸せを求めて伯爵家の次男――リオンとしての人生を歩み始めるのだが……
 ――え? 妾の子だから離れから出たらダメ? 勉強の類いも残らず禁止? 将来は政略結婚が決定してる? それでどうやって自由に生きて幸せになれと??
 運命に翻弄される彼はある日、一人の少女と出会う。幸せを求める少年と、自重しない異世界姉妹の物語ここに開幕!
 構成成分:魔術 百グラム、奴隷 大さじ一杯、ヤンデレ 少々、ハーレム 禁断。基本ハッピーエンドですが、登場人物が死亡する場合もあります。
 ――双葉社 モンスター文庫より二巻まで発売中! なお、なろうと書籍では少しずつ展開が変わっていきます。ご了承のほどよろしくお願いします。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。