本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~
作者名: 香月 美夜
【出だし200文字】
 |本須 麗乃(もとすうらの)、22歳。  わたしは本が好きだ。大好きだ。  三度のご飯より愛してる。  活字を通して誰かの知識に触れるのが好きだし、妄想に触れるのも好き。そこから筆者の思想をたどるのも心が踊って顔が思わずニヨニヨしてしまう。  様々な知識が一冊にまとめられている本を読むと、とても得をした気分になれるし、自分がこの目で見たことがない世界を、本屋や図書館に並ぶ写真集を通して見るのも//
キーワード R15 異世界転生 ファンタジー 異世界 転生 女主人公 
種別 連載完結済〔全677部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 5,682,766文字
掲載日 2013年 09月 23日 13時 35分
最終投稿日 2017年 03月 12日 12時 18分
Nコード N4830BU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。※最初の主人公の性格が最悪です。ある程度成長するまで、気分悪くなる恐れがあります。(R15は念のため)
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。