宝石吐きの女の子
作者名: なみあと
【出だし200文字】
 宝石と、宝石に愛された彼女の話。       *  リリリリ、と枕もとの時計がけたたましく鳴り響いて、クリューは目を覚ました。  ああ、騒がしい。まどろむ頭の中にひどく大儀な感情だけを覚えながら腕を伸ばし、指先の感覚で時計のアラームを解除。ただ起き出す気力は未だ生まれず、布団から顔を出すまでにそれから五分ほどの猶予を待つことになる。  彼女がようやく文字盤に視線を合わせたとき、//
キーワード 年の差 異世界 宝石 魔法使い 少女 青年 魔法 なろうコン受賞作 
種別 連載〔全193部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 762,685文字
掲載日 2013年 06月 21日 23時 27分
最終投稿日 2017年 11月 19日 21時 46分
Nコード N4843BR
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
“リアフィアット市は大陸東部に位置する中程度の街である。その片隅に、小さな宝石店があった。” 宝石に愛された少女の話。毎週土曜日更新です。 ■第2回なろうコン追加書籍化作品です。http://www.wtrpg9.com/novel/ponicanbooks/
 ◎6/17(土)ぽにきゃんBOOKSより『宝石吐きのおんなのこ6 ~旅立ちを告げる手紙~』発売しました。どうぞよろしくお願いします。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。