1996年のゲーム・キッズ
作者名: Junk Junction
【出だし200文字】
 寂れた陰気臭い劇場――。こびり付いた煙草の臭いに嫌気がさしながらも僕はロビーを出ずに、ここにいなかった「あの声」の主がどこにいるのか、考えを巡らせていた。僕は何の変哲もない中学二年生。そんな自分が今、全てを投げうって追いかけているのが、あの声――「川波明日香」役の声の主だ。  川波明日香はマニアを中心に人気を博した恋愛コミュニケーションゲームのヒロインだ。このゲームのウリは、登場するヒロインがた//
キーワード ダーク ミステリ 現代(モダン) ハッピーエンド バッドエンド  
種別 短編
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 1,709文字
掲載日 2012年 03月 31日 21時 57分
Nコード N4881BD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
リアル中二病の時分に書いたものを発掘したので公開します。
渡辺浩弐著「1999年のゲーム・キッズ」の特定のエピソードやキャラクターの二次創作ではありませんが、文体やテイストは影響を受けています。

原題:心の中のあの娘
掌編 読了目安:約3分
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。