一応、婚約者。
作者名: 雨音
【出だし200文字】
 みなさま、ごきげんよう。わたくし、ビアンカ・コンラッドと申します。  父は第4代コンラッド男爵ジョン・トーマス・コンラッド、母はランセル市長を務めたジョージ・ウォートンの娘ヴァレリアと申します。  え? お前の親のことなんてどうでもいい?  そうよね、わかっているわよ。でもね、私だって好き好んでこんな七面倒臭いことをしゃべり始めたわけじゃないの。あなただってご存じでしょ? ここでは、あなたみ//
キーワード R15 中・近世欧州風 西洋 貴族 宮廷 女官 騎士 婚約者 幼馴染み (微妙な)身分差 浮気? 意地 すれ違い 恋愛 ラブコメディ ハッピーエンド 
種別 連載完結済〔全13部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 40,958文字
掲載日 2012年 03月 06日 23時 22分
最終投稿日 2012年 03月 17日 21時 44分
Nコード N4901BC
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
彼は私の幼馴染み。それと一応、婚約者。ところが、彼は私のことなんて眼中にないらしい。だって彼は今現在、皇太子殿下の美しい愛人に夢中なんだもの。でもって、私はその愛人の侍女だったりするのよね……
幼馴染み、でも貴族としては微妙に身分違いな2人のお話。(※自サイト『The Rainy Rhythm Library』からの転載です。)
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。