辺境の老騎士
作者名: 支援BIS
【出だし200文字】
 1  バルドは、両開きの扉を押し開けて、|宿屋《ガンツ》に入った。  主人らしき男が、カウンターの向こうで食材を刻んでいる。  ちらりとバルドのほうを見たが、そのまま作業を続けた。  騎士を、つまり貴族を迎えるにしては、ずいぶん不作法だ。  もっとも、剣を腰に吊ってはいるし、革の鎧も着けてはいるが、いずれも古びた品であり、汚れてみすぼらしい。  身分のある人間にみえなくても無理はな//
キーワード 残酷な描写あり 仲間との旅 巨大な敵 異世界 出会いと別れ うまい食い物 恋と冒険 成長と老い 魔獣 星間移民 迷宮探索 竜人 グルメ エピック ファンタジー 
種別 連載完結済〔全184部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,116,233文字
掲載日 2012年 03月 07日 11時 41分
最終投稿日 2017年 01月 01日 00時 00分
Nコード N5011BC
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物を味わう気ままな一人旅に。彼は知らない。それが大陸中で語り継がれる冒険譚の幕開けとなることを。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。