アンダーカバーT
作者名: てんの翔
【出だし200文字】
 たくさんの瞳に睨まれている。  半分は、好奇の眼。  半分は、ただの義務として……。  なぜ、わたしはここに立っているのか? 《千鶴》は、自問する。  当初の計画では、ここのポジションではなかったはずだ。にもかかわらず、大きな行き違いで、こんなことになってしまった。 「は、はじめまして」  一番大切なはずの第一声から、失敗している。  わたしは、こんなにもあがりやすくて、こんなにも度胸がなかった//
キーワード サスペンス 女主人公 学園 現代 麻薬取締官 潜入捜査 エンターテイメント ネット小説大賞六 
種別 連載完結済〔全26部分〕
ジャンル 推理〔文芸〕
文字数 104,427文字
掲載日 2017年 03月 21日 03時 06分
最終投稿日 2017年 05月 10日 02時 08分
Nコード N5239DW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
臨時で桑原高校の化学教師になった響野千鶴は、緊張して教壇に立っていた。彼女は、ある目的のために学校に入り込んだのだ……。その正体は、麻薬取締官。本名・桜井あやめ。学校内で暗躍する麻薬組織を摘発するために潜入した。取締官としても、教師としても新米のあやめは、無事に事件を解決できるだろうか? そして……、生徒たちから信頼を得られるだろうか?
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。