シーナくんのつくりかた!
作者名: すみやき(明日から休講です。)
【出だし200文字】
第一話 楽しいお昼の過ごしかた       1 「ねぇねぇシーナくん、シーナくん。ねぇねぇねぇ」  学校帰りの電車の中、僕は学ランの裾をぐいぐいとひっぱられた。  僕の裾を引っ張っているのは一人の女の子だ。  肩のところまで波打った長くつやつやの黒髪。雪のように白い肌。背が僕の胸あたりしかない華奢な体。  彼女の名前は塙 秋穂(はなわ あきほ)。僕のクラスメイトだ。 「シーナくん。シーナくんく//
キーワード ライトノベル 恋愛 コメディー 学園 高校生 学校/学園 青春 ラブコメ 新人賞受賞作 
種別 連載完結済〔全6部〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 79,951文字
掲載日 2012年 11月 06日 15時 25分
最終投稿日 2012年 11月 06日 19時 53分
Nコード N5281BK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
集英社 jamp Novel Grand Prix '09(jNGP)summer ジャンプ小説新人賞フリー部門特別賞をいただいた作品です。

投稿したものをそっくりそのままアップしてますので、誤字等いっぱいありますが、「へー。この程度の文章でも新人賞がとれるんだ」って思っていただけたら僕は泣いて喜びながら生きていけます。

JUMP j-BOOKS編集部さん曰く「出版権・漫画化権・上映及び上演等の諸権利が生じた場合、その優先権は集英社が所持」しているらしいのでご了承ください。

何をどうご了承いただくのかは僕本人もわかりませんが、楽しんでいただけたら幸いです!
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。