비락식혜
作者名: どんどん
【出だし200文字】
キムボソンは話した。 義理!! 義理!! 義理!! 宝城は友達を守るためけんかの現場に駆けつけた。 あまりに急に出たので今買ったビラク甘酒を持って言葉だ。 '振って召し上がってください'と書かれている文句を読んでいなくても 現場に駆けつけている中自動的に揺れていた。 現場に到着した宝城(ポソン)はすでに不良に迎え、倒れている 友達を見た。 宝城:"おいニードル、何やってる!!&q//
キーワード ヒーロー 
種別 短編
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 663文字
掲載日 2017年 03月 21日 11時 05分
Nコード N5298DW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ビラクを守る ありがとうございました
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。