壺の上で踊る
作者名: 海老
【出だし200文字】
 壺の上で女が踊る。  リリー・ミール・サリヴァン侯爵令嬢は口を開けてそれを見ていた。  リリーの齢五つのお祝いに招かれた異国のサーカス。その護衛が大きな壺の上で、剣舞を魅せていた。  粗末な貫頭衣を着た女は、壺の縁で踊る。銀色の刃は確実に、そこにいないはずの敵を斬り伏せている。  戯れに、芸人でもない女に命じたダンス。 領主が悪意で命じたはずのそれは、しんとホールにいる誰もが静まり返るほどの荘厳//
キーワード R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 伝奇 よく分からない ネット小説大賞 
種別 連載〔全39部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 315,554文字
掲載日 2015年 04月 05日 01時 27分
最終投稿日 2016年 12月 06日 23時 47分
Nコード N5348CP
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
侯爵令嬢リリー・ミール・サリヴァンは、師と出会い幼くして剣に魅せられる。
淑女として歩むべきはずの道先を外れ、死の陰が付きまとう地獄めいた戦いの道を進む。出会うは外法理外の修羅共か。
※当初、悪役令嬢ものとして書いたつもりが上記になりました。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。