最果ての、その先に
作者名: 由海
【出だし200文字】
 ロスタルは我が目を疑った。  ふわふわとした緋色の毛玉の塊《かたまり》のように見えたものが、両膝を抱え込んで顔を伏せたまま座り込んでいる人の子だと気付いたからだ。  腰まで届く豊かな赤い巻毛がゆったりと体を覆《おお》い、濃緑色の外衣からのぞくほっそりと白い腕には大きめの銀の腕輪が光っている。  使い魔に置き去りにでもされたのか、その少女はたった一人「狭間《はざま》」にいた。  数多《あま//
キーワード 異類婚姻譚 年の差 悲恋 ハイファンタジー 恋愛 ヒューマンドラマ 群像劇 シリアス 妖魔 戦士 ファンタジー 溺愛 アイリス恋愛F大賞9 
種別 連載〔全81部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 368,302文字
掲載日 2017年 10月 05日 22時 35分
最終投稿日 2017年 12月 14日 00時 22分
Nコード N5348EH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
人間と妖魔や妖獣が共存する「大陸」と呼ばれる世界。大陸最強と恐れられる「火竜の傭兵」シグリドの命を救ったのは、炎の色の巻毛を持つ愛らしい治癒師の少女ファランだった──
第1部で幼い二人が出会い、第2部以降、成人した二人を中心に物語は進みます。ファランを愛する妖魔の戦士や、大陸の和平を巡る大国間の思惑、怨念を糧に生きる女妖術師、大切なものを守るために戦い続ける男達と彼らを愛する女達など、登場人物の生き様を中心に描くハイファンタジーです。重厚で切なく、それでいて甘い恋愛要素もあるファンタジー/ヒロイックファンタジーがお好きな方にお勧めします。

✴非転生/非チート。魔王やモンスター、俺TUEEEEの要素は一切ありません。
✳︎カクヨムで完了済みのものに、修正を加えながら投稿しています。毎夜更新予定。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。