うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。
作者名: CHIROLU
【出だし200文字】
 君が生まれた時、空には大きな虹がかかっていたんだ。  そうだよ。虹は全ての『ひと』が七色で呼び表すんだ。言葉も、文化も違うのにね。  それは虹が、世界の意思でもある大いなるもの--神さまの一端だからなんだよ。神さまは七柱存在しているんだ。『七色の神』と呼ばれているのがそうだよ。 『|赤の神《アフマル》』は戦の神だ。調停と裁きの神でもある。困ったことがあったら、ここの神殿を頼ると良い。 『|橙//
キーワード R15 残酷な描写あり 恋愛 恋愛要素はだいぶ後 親バカ 時々シリアス 時折コメディー 魔王 そのうち勇者 
種別 連載〔全197部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 679,072文字
掲載日 2014年 08月 01日 22時 06分
最終投稿日 2017年 04月 22日 08時 00分
Nコード N5530CF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった二人が、別の関係になって、更にその関係が変化するまでのお話。 ~HJ Novelsより11月24日書籍版五巻発売となります。~コミカライズ版の配信始まりました。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。