人工知能戦争2035~Deep Learning War~
作者名: @IngaSakimori
【出だし200文字】
 その地点の座標は北緯38度53分にして、西経77度02分。  200年の歴史を誇るこのα連合国・議会議事堂の地下深く、数本の鉄道が通っている。  それは議会関係者だけが利用できる贅沢な、しかし合理的でセキュリティを確保した閉鎖地下鉄であった。  駅の構成はシンプル。  議会議事堂と上院・下院の関係者が詰めるビルを直通するのみ。  そんな地下鉄に、ささやかな延長線が設けられたのは2030年の//
キーワード IF戦記 近未来 人工知能 電脳世界 サイバーパンク シリアス 男主人公 女主人公 未来 ロボット チート ミリタリー 群像劇 
種別 連載〔全80部分〕
ジャンル 空想科学〔SF〕
文字数 221,510文字
掲載日 2016年 08月 28日 00時 11分
最終投稿日 2017年 08月 04日 21時 48分
Nコード N5718DM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
西暦2035年。極限まで人工知能が進化した時代。人工知能技術を一手に握る超大国『α連合国』は突如として欧州『E連合』に対して宣戦を布告した。国家戦略人工知能システム『ハイ・ハヴ』によって指導されるα連合国軍はE連合を圧倒する。今、人類史上、誰も見たことのない世界征服戦争が始まった。

現在、第2章まで完結済み。
第3章は書きためてからの更新となりますので、のんびりお待ちください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。