光あふれて死ねばいいのに
作者名: ポーン
【出だし200文字】
<織原七重>  パパとママには愛されてるけど、だから何って思う。  愛のことを考える。愛は、あたたかい。やさしい。安心できるし、結構うれしい。たまに窮屈だけど、とても居心地がよい。愛はナナエを包んでくれる。それは素晴らしいものだ。  だけど、すごいと思ったことは一度もなかった。  あの二人は優しかった。愛してるって何度も言われた。ああそうですかそうですか。いつまで繰り返してるんだよ。どれだけ繰り//
キーワード R15 サスペンス 問題解決 女子高生 異常 影響力 発狂 アイドル バトル 幸福 過正気 
種別 連載〔全9部〕
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 62,783文字
掲載日 2017年 07月 27日 20時 50分
最終投稿日 2017年 08月 15日 20時 37分
Nコード N5723ED
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
問題解決に長けた女子高生が、異常な影響力で人々を発狂させるアイドルと戦う話です。

本文は主に二人の一人称で書かれます。
問題解決に長けた女子高生は、「いまどういう状況なのか」「どうすればいいのか」をずーっと考えながら、最善と思われる手を打ち続けます。
異常な影響力をもつアイドルは、自分自身の魅力と感性で夢見心地になりながら、シャンパンをぶちまけるように幸福を貪り続けます。

問題解決に長けた女子高生の名前は黒野宇多で、異常な影響力をもつアイドルは織原七重です。

全10話予定。
カクヨムにも掲載。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。