ある娼婦の一生
作者名: 橘 あんこ
【出だし200文字】
私の家は貧乏だった。家族は父と母、兄弟は三人。 一日のご飯も儘ならない日々。朝から晩まで、物心ついた時から働いていた。父や母との会話も、毎日が忙しくて必要な事以外無かったように思える。 そんな生活だったから、私が娼婦になるのは必然だったのかも知れない。私が10歳になる頃。父や母に借金のカタに売られた時も、兄弟達は当たり前のように私を見送っていた。 ただ木で囲っただけのお粗末な馬車で運ばれた私が考//
キーワード R15 娼婦 文フリ短編小説賞2 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 4,033文字
掲載日 2017年 05月 18日 11時 48分
Nコード N5735DZ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
私の家は貧乏だった。…娼婦となった女の一生の物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。