川の底
作者名: ( ̄ー ̄)
【出だし200文字】
◯前段  水色とは一般的に青です。  ですが毎日洗面台で顔を洗ったり、水を飲んで暮らす私たちは、水には色が付いていないことを知っています。  しかしそれでも水色とは何色だと問われれば、無色ではなく、青色だと誰もが答えるでしょう。  実際、遠くから海や川を眺めると青色をしています。  この無色の水が青くみえる理由は簡単で、ようは反射のせいです。  遠影で海や川が青く見えるのは、空の青色が水面で反射す//
キーワード 探偵物 女性主人公 
種別 短編
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 24,891文字
掲載日 2016年 05月 15日 15時 19分
Nコード N5764DH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
『私』の務める探偵事務所に某有名人の身辺調査依頼が舞い込む。
巷でとても評判の悪い某有名人であるが、調査をすすめる内に別の顔が見えてくる。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。