彼女がヤンデレになる過程とその結果
作者名: 荒三水
【出だし200文字】
「俺たち、もう別れよう。会うのも、今日で最後にしよう」  夏休みの最後の日。  日差しの傾いた、買い物に出た帰り道。  別れ際、俺は純花に向かってそう言った。 「え……?」  一瞬、純花はなにを言われたのかわからない、といった顔で、一度長いまつげを大きくまたたかせた。  すぐにお得意の作り笑いを浮かべるが、さすがにぎこちない。   「あ、あはは、どうしたの急に。今日あたし、なんか、まずった//
キーワード R15 残酷な描写あり スクールラブ ラブコメ 恋愛 ヤンデレ 逆転 依存 メンヘラ イケメン 高校生 
種別 連載〔全47部〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 138,191文字
掲載日 2016年 01月 11日 17時 12分
最終投稿日 2017年 06月 20日 00時 12分
Nコード N5799DB
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
夏休みの終わりに、俺はいきなり彼女の純花に別れを切り出した。それでもずっと俺の意見には従順だった純花は、簡単に受け入れると思った。だが彼女は、別れるまで一週間の猶予がほしいと言う。これが最初で最後と、俺がその提案を飲むと、純花は徐々に変貌して……。※いきなり包丁出してきたり暴力などはありませんが、R15相当の性描写がありますのでご注意ください。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。