フレイム王国興亡記
作者名: 疎陀 陽
【出だし200文字】
 松代浩太という人間は、自分の事を『普通の人』だと思っている。  浩太自身――これは特筆すべき事だが――周りの子供が『俺、将来はパイロット!』『私は女優!』『俺は……何だかわかんないけど、すげー人!』なんて夢を見るであろう幼少の砌から、自分自身が普通の人である事を理解していた。中堅の商社に勤める父親と、近所のスーパーでレジ打ちのパートに勤しむ母親の間に生まれた、中肉中背の薄い醤油顔。取り立てて目//
キーワード 異世界トリップ ファンタジー 恋愛 政治経済 
種別 連載〔全201部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 1,753,606文字
掲載日 2013年 02月 18日 17時 56分
最終投稿日 2017年 12月 03日 00時 00分
Nコード N5870BN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 通勤途上で買ったコーヒー片手に、気付いたら異世界トリップしていました。

『えっと……私、別に勇者でもなんでもないんですけど……』

 ただのリーマンだった主人公、『松代浩太』がトリップした先は中世ヨーロッパ『風』の異世界! 魔王は不在、悪の帝国は開店休業、宇宙の法則を乱す憎いアンチクショウはモノガタリの中の人。そんな平和な大陸、『オルケナ大陸』で、浩太に忍び寄る魔の手……そう、赤字国債!
暴落する株価、通貨崩壊と共に起こる債務不履行の嵐、デリバティブの失敗に、保守本流の元老・元勲達による狡いイヤガラセ、さらには飢饉や戦争まで。魔王以上の強敵に、持ち前の知恵と勇気で立ち向かえ、浩太!


 ……君は今、歴史の証人になる


※更新は不定期です。尚、画面は開発中のものであり、実際の本編とは異なる可能性があります。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。