魔獣と滅びゆく世界の戦記 ※章立てにより改題(2017.8.04)
作者名: 椋鳥
【出だし200文字】
【魔獣と滅びゆく世界の戦記】 序章 不毛な世界でただ一人、光輝なる墓標を打ち立てる プロローグ 世界の希望 「あんた。足手まといだから、ここで帰ってくれる?」  言った少女は空色の長髪を風に流されるがままにさせ、紫紺の瞳でじっと少年を見つめた。少女の纏う青銀の軽装甲は無数の傷や泥にまみれており、トレードマークである芥子色をした袖無しの外套も所々が破れて解れていた。見つめられた方、黒髪をした長//
キーワード R15 残酷な描写あり 悲恋 ヒストリカル オリジナル戦記 異能力バトル ヒーロー 冒険 騎士 聖剣 魔法 姫 魔王 終末 勇者 星球大賞2 ネット小説大賞六 
種別 連載〔全61部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 344,863文字
掲載日 2017年 06月 05日 21時 47分
最終投稿日 2017年 10月 23日 21時 35分
Nコード N5880EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
魔獣(ベスティア)の出現により危機に瀕した世界。
魔獣でも最凶とされる種・神獣は、単騎で一国を落とす戦力を保持していた。
超大国レキエルは五匹の神獣と交戦しこれを打ち破るも、共に亡びた。
世界は震撼し、なりふり構わず神獣討伐へと邁進した。
こうして国家間の利害をも超越し、最強の闘士(スレイヤー)たちが一所に集められた。
極北の地、<不毛の谷(デッドバレー)>。
神獣の本拠とされるその地に最後の希望、世界の最高戦力たちは足を踏み入れたが……。

物語は北西域の街・ウルランドのスレイヤーズギルドに、ラグと名乗る青年が現れたところから幕を開ける。
「知っているか?魔獣(ベスティア)を倒せば魔獣(ベスティア)を呼ぶ。終わらないんだ。やつらとの戦いは」
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。