一日一輪 ~女子校の日々はときめきに満ちている~
作者名: 扇智史
【出だし200文字】
 |翠林《すいりん》女学院高等部、1年|撫子《なでしこ》組の教室の前方、木製の戸棚の上には、白い花瓶が置かれている。細長い瓶の口から、マーガレットの花がちょこんと顔を出す様子は、どこかほほえましさを感じさせる。ふだん強く意識するわけではないが、自然とそこに馴染む花瓶は、生徒たちの気持ちにほのかな彩りを添えていた。  けれど、当たり前のようにそこにあるものでも、誰かが手をかけなければ維持することはで//
キーワード ガールズラブ 日常 青春 百合 女子高生 ミッション系 ほのぼの 
種別 連載〔全233部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 650,739文字
掲載日 2016年 04月 24日 20時 20分
最終投稿日 2016年 12月 13日 18時 00分
Nコード N5986DG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
名門ミッション系女子校、翠林女学院。
閑静な土地で心おだやかに過ごす乙女たちの日常は、時に楽しく、時に賑々しく、時にはせつなく。
そして、いつもときめきに満ちた日々。
何気なく、かけがえのない日常のワンシーンを描く、短編連作集。
警告
この作品はガールズラブ要素を含みます。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。