アルミ缶リサイクルマーク方式に無限強化される魔王~経験値の時代は終わった。戦わなくても自分を食べて笑顔でレベルアップ~
作者名: あかまろ
【出だし200文字】
「ツキ~! 早くしないと見つかっちゃうよ」  魔王の長女ルナプリは急かすように弟ツキカゲに向け手を伸ばす。 「ルナ姉ちゃん、待ってよぅ……」  ツキカゲは半べそをかきながら必死に姉の手を握る。まだ小さなツキカゲにとって魔王城の庭園はあまりに広大で世界の全てだった。その世界を超えた先には何があるのだろうか、胸に去来した外の世界への思いを世話焼きの姉に口にしたのが事の発端であった。 「男の子な//
キーワード R15 残酷な描写あり 冒険 魔王 成長 増殖 最強 剣聖 従者 チート 竜 魔法 超再生 超強化 おバカ ささやかな飯要素 
種別 連載〔全17部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 50,552文字
掲載日 2017年 01月 03日 20時 40分
最終投稿日 2017年 01月 17日 03時 16分
Nコード N6021DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
経験値、鍛錬、秘められた力の解放、等々。
人は様々な手段を用いて成長を遂げる。
しかし中にはそういった常識から外れた生物も存在する。

切断→分裂→捕食→強化→切断→分裂→捕食→強化→……

そう、何の努力をしなくても傷を負えば強化され無限に成長できる機能を持った魔王の子が……



「わし魔王辞めるから」

世界を恐怖のどん底に落としいれた稀代の大魔王ジゴック。
身勝手な大魔王のこの一言により魔王軍は次期魔王の後継者争いを余儀なく迫られる。

偉大なる魔王の血を引く候補者は三人。
魔王と竜の血を引く長男エルローシュ。
魔王と魔女の血を引く長女ルナプリ。
そして魔王と人間の血を引く次男ツキカゲ……

その中でも魔力も身体能力も並であるツキカゲは血統から見ても次期魔王の可能性が最も低い存在。しかし彼は誰にも知られていない大魔王ジゴックをも超える力を有していた。
それは……超再生と超強化。

これは、どこを切り落としても再生し自分を食す事で強化されていく頭のおかしい魔王の子が魔王を目指す物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。