絶望の王女は妹姫の幸せを願う
作者名: すず(Sn)
【出だし200文字】
「ソフィア、カセレス伯爵と結婚してもらいたいの。嫌なら拒否してくれて結構よ。それならば、ディアナにお嫁に行ってもらうだけだから」 「そんな。妹はまだ十四歳です。父と変わらない年の男性と結婚なんて」  十八歳になったばかりの第一王女であるソフィアは、父王の側妃に部屋へと呼び出された。そこで告げられたのは、国王に意見し二年前に宰相を解任された伯爵との結婚だった。  ソフィアと第二王女のディアナの実母で//
キーワード R15 残酷な描写あり 年の差 ハッピーエンド 不遇の姉姫 くたびれたおじさん 溺愛 
種別 連載完結済〔全18部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 55,659文字
掲載日 2017年 10月 07日 07時 42分
最終投稿日 2017年 10月 21日 17時 33分
Nコード N6023EH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
正妃の娘であるソフィアは、妹のディアナを守るために父娘ほど年の離れた男性に降嫁することになった。

アルファポリスさんにも投稿しております。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。